香川県で太陽光発電を導入するメリット

香川県は瀬戸内式気候で少雨で知られています。
これは言いかえると日照時間が長いということですから太陽光発電設備の導入を考える人にとっては大変恵まれた条件と言えます。
それでは、太陽光発電のメリットについて考えてみましょう。
第一に何と言っても自家発電ができるので電気代が安くなるということです。
余った電気は電力会社が買い取ってくれる固定価格買取制度もあることなので、少雨で日照時間が長いという県の長所を生かせます。
第二に災害の時の停電対策になることです。
ライフラインの停止は死活問題です。
この点自家発電ができると電気だけは確保できます。
また、太陽光発電設備の導入に伴ってガスの契約は打ち切っているのでガスの停止は影響を受けずに済みます。
第三にローンが組みやすいことをあげます。
設備の導入には費用がかかります。
ローンの審査を受けないといけませんが、売電による代金収入が見込めることからソーラーローンの審査は通りやすいです。
これは貸す側にとっても、取りはぐれることのないお金とみなしているということを意味します。
ローンを組んでも家計に対する負担がほとんどないだろうということが見込めます。
第四に地球環境の保全に貢献できるということです。
一家庭では微々たるものかもしれませんが、二酸化炭素の排出を抑え、地球温暖化の防止対策に寄与できます。
ゲリラ豪雨や洪水などの発生の危険を少しでも減らせるという効果があります。
メリットが多いので設備の導入を勧めます。