歴史的に香川県では地震が多いからこその太陽光発電

日本は地震大国であるということが言われています。
実際に、日本各地で地震というものが起こってしまっています。
特に東日本大震災が起こってからは、非常に不安定な状況が続いてきています。
そのような不安定な状況はこれからも続いていくとも言われていますので、
対策というものをいくつか考えていかなければいけません。
揺れ自体への対策というものもあります。
揺れた結果に対する対策というものもあるのです。
後者の方の対策としては、発電所などや送電網などがやられてしまい、
停電が起こった時に対する対処というものを考えていくことが必要なのです。
停電につきましては、個人のご家庭で対処できる方法もあります。
いまではだれでもご存じなはずの太陽光発電システムというものです。
停電になりましたら自立運転モードに切り替えることで、
売電ではなく自分の家に電力を回すことができるのです。
また、太陽光発電システムにプラスしまして、
蓄電池などを購入しますとその電気をため込んでいくことができます。
夜なども発電できるのです。
蓄電池は20万円や30万円知度でも購入できますのでお勧めです。
そのような対策がいま求められている地域があります。
それは意外かも知れませんが、香川県です。
香川県は歴史的に地震が多いです。
80年から300年くらいの周期で起こっています。
前回が1946年ですので、もう10数年で新しい地震が起こる可能性もあるのです。
そろそろ、備えるためにも太陽光発電の利用がお勧めでしょう。
太陽光発電は20年から30年もつとも言われていますので、
いまから導入しておきましても対応できる可能性があります。