住宅リフォームと同時に太陽光発電システムを設置しました

自宅がリフォームの時期を迎えていて、高齢になった両親を引き取る事も将来的に考えている時期だったのでオール電化住宅にリフォームしようとプランを立てているときに、いつもお世話になっている工務店さんから太陽光発電システムの導入を勧められたのが、太陽光発電システムを設置する事になったきっかけです。
オール電化住宅にする事で電気料金が高くなることは覚悟していましたが、太陽光発電システムが予想以上に電気を発電しているので、毎月支払う光熱費は相当安くなっています。
nullリフォーム前は電気代と都市ガス代を合わせて3万円前後毎月支払っていた光熱費が、1万3千円程になっています。
余剰分の電気を電力会社に販売する売電金額は毎月5000円~7000円前後になっていますから、住宅リフォームのローンと太陽光発電システムのソーラーローンの支払い分が光熱費の差額でカバーできています。
実質的にほぼ無料でリフォームと太陽光発電システムの設置ができた計算になるので、設置してよかったと思います。