新築時の導入がオススメ

太陽光発電システムを自分の家に、いつ導入するのか。
やはりおすすめは家を新築した時に、同時に太陽光発電システムも導入する、という方法です。
家の新築時にはそのほかにもたくさんのお金がかかります。
家自体も、とても高価な買い物ですしね。
住宅ローンの金額が増えることも考えると、太陽光発電システムを導入しようかどうか・・と迷うこともあるかもしれません。
が、やはり新築住宅への導入が、一番しやすいと言えるのです。

まず、既存の住宅に太陽光発電システムを導入したい!と思った場合、必ず導入できるとは限らないのです。
家の古さや屋根の形状、そして太陽光パネルの重さに耐えられるのかどうかなど、さまざまな制約が出てきます。
「どんな屋根でも大丈夫です」という業者さんもあるようですが・・その後、その家に住み続けていくのは自分たちであることを考えると、安心して暮らすことはできないですよね。

新築の住宅の場合、こうした問題を一気に解決することができます。
太陽光発電システムを設置するのに適した屋根の材料、耐久性で作ることができるからです。
また屋根の形についても、発電するのに適した形状にすることもできます。
小さな屋根がいくつもあるよりも、やはり大きな面積でパネルを設置できたほうが、コストが安く済みますし、発電量も多く見込めるでしょう。
すでにある屋根にパネルを設置したいと思った場合、高いパネルしか選べない・・といったことも考えられます。
また、新築時ならば、太陽光発電とオール電化の組み合わせもしやすいですね。
足場も組んである状態で、太陽発電システムの設置工事ができるので、設置費用についても安くなるのではないでしょうか。

太陽光発電システムの世界も日進月歩で、日々進化した製品が登場しています。
「もう少し待ったほうが、性能のいいシステムを購入できるのではないか」と思ってしまう気持ちもわかりますが、現状の固定買い取り価格の状況や、補助金の状況についても考えると、新築時に同時に導入するのが賢い選択だと言えそうです。

get( 'keyword', 8 ) ?>
get( 'comment', 8 ) ?>