シミュレーションをしっかりとしよう

太陽光発電システムを導入するときに、かならずしておきたいのが、今後のシミュレーションです。
自分の住んでいる地域での発電量はどれくらいが見込めるのか。
自分の家の電力使い方で、どれくらいの売電収入が期待できるのか。
総額で、いくらくらいの電気代減少につながるのか。
そして、初期費用はどのように回収していける見込みとなっているのか。
このような点を、きちんとシミュレーションしてもらいましょう。

こうしたシミュレーションは、大手の太陽光発電システム紹介サイトや、販売会社のサイトなどでも手軽に利用することができます。
今、便利なサービスを活用し、かなり正確に、自分の家の位置情報を入力することが可能となり、その結果、かなり制度の高いシミュレーションも利用することが簡単になっています。
こうしたものを利用するのも良いでしょう。

こうしたサイトを利用し、太陽光発電システムへの興味が高まったら、より具体的なシミュレーションを作成してもらいましょう。
具体的にいくつかの施工販売会社にコンタクトをとり、自分の家の状況を調査してもらい、最適メーカーの提案なども含め、どのような道筋で導入コストを回収していくかについて説明を受けることになります。
この結果が信頼できるものである、ということも、業者選びのひとつのポイントとなるでしょう。
「本当に正確なシミュレーションを提示しているのか」という点を判断するためにも、複数社で利用するのがベストです。

太陽光発電システムをせっかく導入したのに、思ったよりも発電量が伸びない。
当初想定していた回収年数を大幅に超えてしまいそう。
こういった体験談も実際にあるようです。
事前にシミュレーションをしてもらったけれど、パネルにかかる影の影響が考えられていなかった、といったことや、
思った以上に電気を使ってしまっていた、ということもあるでしょう。
きちんとした調査で、自分の家に最適なメーカー、そして製品選びをサポートしてもらえると心強いですよね。
施工販売会社の中には、「他社でもらったシミュレーション結果の正確性を診断します。」といったサービスを提供している会社もあるので、そうしたところを利用するのも良いかもしれません。

get( 'keyword', 9 ) ?>
get( 'comment', 9 ) ?>