住宅用太陽光発電に適した地域です

再生可能な自然エネルギーを活用する発電システムがいくつも実用化されていますが、一般家庭が最も導入しやすく、日常のメンテナンスが不要な発電システムが太陽光発電システムです。
基本的な発電構造は、シリコンや鉱物の化合物を原材料とする半導体に太陽光が当たって電気が生じる現象による発電構造となっており、電力会社が水力発電所や火力発電所内でエネルギーを回転運動に変換して発電するメカニカルな発電構造とは対照的に、電子の力を利用してエネルギーを電力に変換します。
太陽光発電システムには弱点もあり、大規模発電所でスケールメリットを生かして化石燃料からの発電と比較するとエネルギーの変換効率が低く、設備を大規模化してもスケールメリットがほとんど生じない事、太陽光エネルギーを使うので天候に発電状況が大きく左右される点があります。
一般住宅用の太陽光発電システムはスケールメリットを追求する必要はありませんし、香川県は一年間の好天率が日本平均と比較すると高い県なので太陽光発電システムを効率よく運転できるので、香川県は住宅用太陽光発電に適した地域といえるでしょう。
再生可能エネルギーである太陽光は、将来的に枯渇の不安がありませんから化石燃料の原油や天然ガス、石炭とは全く違う将来性の高いエネルギーです。
太陽光発電システムは稼動時に大気を汚染する物質を一切排出しませんから、地球環境に与える負荷が非常に低く、今後更なる普及が期待されています。