総合的に考えて、太陽光発電を香川で行うのは有効でしょう

やはり、自然エネルギーを利用する事が大前提である太陽光発電の場合、その自然環境を考慮するべきでしょう。
そういった考え方で行くなら、青い空、青い海というイメージ戦略を県レベルで行っているくらい、日照時間の長い香川で、それを考えることは、ごく自然な事でしょうね。
最近でこそ、長期データでは90年代に曇りなどが多く、そこも含めた記録となっているので全国一位の座は譲っているものの、そういった部分を入れない以前は堂々の全国一位であり、現在でも短い年数で区切ればトップクラスであることは間違いなく、自然環境から考えても、香川で太陽光発電を行うことは有効であると言い切っても、間違いは無いでしょうね。null
さらに、自治体における補助金も、しっかりとしています。
もちろん、県だけでなく、市町村からも出ます。
香川県や、他の日照時間が長く、力が入っている都道府県に暮らしている人なら、これも当たり前に感じるかもしれませんが、実は国からしか出ないという場所がいくらでも存在します。
香川は、先に紹介したような恵まれた自然環境と、自治体の補助という総合的な観点からゼヒ、行うべきだと思う結論が導き出されます。
基本的に、農業用の野池が多い事からも雨の少なさが伺えますね。
そういった気候を有効活用することこそ、前向きな考え方でしょう。
もちろん、冬と夏の気温の差が、他の地方に比べて少ないという自然環境も、太陽光発電を検討する場合において、見逃せない特徴となっています。