太陽光発電、東京の場合

太陽光発電システムを東京で導入したい!と思った時の、注意点などについて紹介します。
太陽光発電システムは、太陽の光を集めてそれを電気にする、というものになります。
日照条件などによって、発電量は大きく異なってくるので、「自分の住んでいる地域は、発電するのに適している地域なのか」と言う点を考慮する必要があります。

過去のデータによると、東京都は日本の都道府県の中で、日照時間があまり長いほうではありません。
この点だけを見ると、太陽光発電システムを設置するのに、ベスト!な環境であるとは言えないのかもしれません。
でも、大丈夫です。
曇りの日にも、地上にはきちんと日光が届いているのです。
晴れの日ほどではないのはもちろんですが、曇りの日でも「発電しない」ということはありません。
あらかじめ、そうした気象条件を確認したうえで、「曇りの日にも強い」タイプの太陽光発電システムを導入する、というのもひとつの方法ですね。

が、東京都の場合、この年間の日照条件よりも、気をつけなくてはならない点があります。
それが、自分の自宅のソーラーパネルに、発電を妨げるような影が入らないかどうか、という点です。
電柱や、ちょっとした障害物で、影が落ちてしまうと、発電量もぐっと落ち込むことも考えられます。
せっかく高いお金を出して導入するものですから、きちんと発電できるようにしたいですよね。
「発電を妨げるようなものがないかどうか」をきちんと確認しておきましょう。
また、この調査は「現時点」だけではだめなのです。
太陽光発電システムは1度設置したら10年~30年と非常に長期にわたって使い続けていくシステムとなっています。
これからの期間で、家の前に建物が建つような場合、せっかく太陽光発電を導入したのに、発電できなくまってしまった!という事態も十分考えられます。
人口が多く、土地の人気も高い東京だからこそ、こうしたリスクについてもきちんと考慮しておかなくてはいけません。
自分の家の前の土地がどのような状態なのか。
また、マンション建設の計画などがないかどうか、十分確認しておきましょう。
もし、自分の家の前に隣家が建設されることが考えられる場合には、それが現実になったときの発電シミュレーションについても行っておくと安心です。

get( 'keyword', 3 ) ?>
get( 'comment', 3 ) ?>